Synologyの改造

SynologyのI/Oプラグが脱落しないように改造を施してみました。

まずは改造する前のSynologyのI/O周辺の様子です。

外から見てI/O周りが鋼板なのを確認しました。
鋼板なら本体が割れる心配はほぼないので、加工できそうです。
ただ裏側が気になったので、本体を開けて確認しました。

本体を開けて、I/Oの周辺を確認。
スペースは十分にあります。
これなら加工可能なので早速加工することにしました。
一応市販されているM3ネジで止められることを目標にします。

写真はすでにネジ切ったあとですw。
手順としては、下穴を開けて所定のネジを切ります。
今回はM3ネジなので下穴は2.7mm。
だけど手元にあるドリルビットは2.5mm。
まぁいいか、で2.5mmで加工しました。
その後M3タップでネジ切りします。

最後にM3のネジを取り付けてみて作業完了です。
無事にネジ止めできるようになったので、押え金を用意すればI/Oロック完成ですw。
100均でマジックテープ買わなくてもできたw。
ラッキーです。
押え金はとりあえずプラ板で代用しています。
いずれ金属板にかえる予定です。

こういう加工ぐらいSynologyでできるだろうにコスト削減なのかなぁ。

0 件のコメント :

コメントを投稿