インターホンの修理

最近、妻からインターホンの玄関子機から中の音が聞こえないと聞かされました。
「しょうがない、玄関子機買わなきゃならんのか」とネットで物色。
付属と同型の玄関子機が2万5千円ほど。
「高っ!」「まじかぁ・・・」
だったら親機子機ともに買ったらいくらなんだろうと物色。
「79800円、高っ!」
これは高い。ちょっと無理かな。

「なんか別の方法は・・・」とネット検索しました。

同じような症状の方々はネットの向こう側にたくさんおられました。
どうも玄関子機のスピーカーが壊れているようだということが判りました。

そして同じサイズのスピーカーを購入して修理しておられる方がたくさんいたので「じゃぁ私も」とチャレンジ決定w。
早速ネットでスピーカーを購入しました。
サイトで紹介されていたスピーカーは「取寄せ」だったので「在庫あり」の同型スピーカーを選択。
価格にして税込330円です。
これで聞こえるようになったらラッキーです。

そしてそのスピーカーが今日届きました。
早速、玄関子機を外して室内に持ち込みました。
今日はまだ雨が降ってはいないものの、いまにも降りそうな気配なので急いで作業する必要ありです。

スピーカーの交換には、半田付け作業が必要です。
半田コテはあるのでそれを用意して、玄関子機の裏蓋を外し基盤を露出させます。

スピーカーに接続しているコードがすごく短くて、半田付けされているスピーカーを外す作業にちょっと手間取りました。
コードを基盤から外さないと新しいスピーカーにコードを付けられないので、外すことにしました。
ここでもちょっと手間取りました。

古いスピーカーにはカバーのようなものが付いていたのですが、すでに変色して破けていたので外しました。
ゴムパッキンのようなものはそのまま流用して新しいスピーカーでも使用します。
取り外したコードを新しいスピーカーに半田付けしました。
この時プラスとマイナスを間違えないようにする必要があります。
コードを外す前にスマホ等で写真を撮っておいたほうがいいかもしれません。
私はちょっと焦っていたので、それらの作業は全部省略w。

基盤を本体にセットしてから基盤にコードの半田付けをしました。
なんとかうまくいきました。

あとは音がなるか否か。
早速玄関子機を元の場所に設置、ボタンを押したら「ピンポン」と音がなり中から妻の応答の声も聞こえました。
成功です。
設置が終わる直前くらいに雨が激しく降り始めたので、まさにギリギリセーフでした。
ほんと成功してよかった。

税込330円で修理できたら儲けものですねw。
まぁこのために電気工事士の資格を取得したわけだしw。

0 件のコメント :

コメントを投稿