西郷どん、やっと見られた

先週放送予定だったはずの「西郷どん」、やっと見られました。

「江戸無血開城」というタイトルでしたが、本来なら「江戸城」無血開城であるべきではないだろうか、と細かいことを思いました。

磯田先生が時代考証を担当されていることもあって、ドラマとしてそれなりに楽しんでいます。脚本にはちょこちょこと新資料にもとづく話しがちりばめられていて「おぉ」と思うこともありつつ、西郷と天璋院は直に会ってないでしょ、と突っ込みどころ満載w。
まぁドラマですから、と微笑ましく見ておりますw。

視聴率を気にする割には、放送が一週も飛んだり、その情報が事前には出てなかったり、コミュニケーション不足だったり、でNHKも相当杜撰な体質になってきています。
ごたごた続きの日本相撲協会と同じようなものなんじゃないかと、素人ながらに呆れておりますw。

今の時代、受信機を買ったら云々という料金徴収方法を続けるというのはいかがなものでしょうか。
有料放送チャネルがすでに存在しているのにも関わらずですw。
正直、国営放送でもないのだから完全民営化した方がいいように強く思います。

そもそも従来の放送業界に問題があるような気がするなw。
素人だけど。

0 件のコメント :

コメントを投稿